お知らせ

こちらは新着順の全記事一覧です。
上のサブメニューからカテゴリーを選択ください、武相荘イベント開催レポート等に絞込みが出来ます。

2018年3月1日 『武相荘の春』展

会期:2018年2月27日(火) 〜 5月27日(日)
ミュージアム開館時間:10時~17時 (入館は16時半までとなります)

軸「さくら」地主悌助、平戸染付手桶形花入
軸「さくら」地主悌助、平戸染付手桶形花入

アクセサリー、李朝白磁台皿
アクセサリー、李朝白磁台皿

お雛様、樺山家伝来 伊万里白磁桜花形皿
お雛様、樺山家伝来 伊万里白磁桜花形皿

古九谷草花文豆皿、伊万里白磁皿
古九谷草花文豆皿、伊万里白磁皿

白洲家伝来お重
白洲家伝来お重

正子は、毎年春の訪れを楽しみにしていました。冬が終わりを告げる頃、雑木林が芽吹く直前に淡い紫色に染まってくると、冬から春への季節の変貌を感じ、窓を大きく開け、眼を閉じて微かに漂う春の香りを嗅ぎ逃さないように神経を研ぎ澄ますのでした。

この様な楽しみが味わえるのは、長く寒い冬があってこそと冬感謝しておりました。木々や草花が花をつけ始めると、毎日時のたつのも忘れて眺めいり、「年を取ると次の年にはもう見られないかも知れないと思うと若い頃に眺めていた花々より数倍うつくしく見えるようになった」と、春の訪れと同時に年を重ねる事をも楽しんでいるようでした。

牧山桂子

2018年3月15日 5月12日-13日開催 武相荘のミニシアター 「おクジラさま ふたつの正義の物語」上映会

このイベントは終了いたしました。ご来場の皆様まことに有難うございました。

武相荘のミニシアター「おクジラさま」スペシャルオファー

つつましい給料で世界屈指の現代アート作品を集めた夫婦を描く「ハーブ&ドロシー」で世界の注目を集めたドキュメンタリー映画監督 佐々木芽生(めぐみ)さんの最新作、
「おクジラさま ふたつの正義の物語」の上映会を武相荘で開催いたします。
5月12日(土)-13日(日)にかけての全4回、12日のB回にはNYから帰国中の佐々木監督ご本人が登場〜懇親会も開催致します。作品についての直接のお話をお聞きしましょう。この機会をぜひお見逃しなく!

映画「おクジラさま ふたつ正義の物語」

小さな町に押し寄せた、
クジラを巡る大きな衝突。

【作品紹介】公式ページ・予告編はこちら
紀伊半島南端に近い、和歌山県太地町(たいじ)。追い込み漁を糾弾した映画『ザ・コーヴ』がアカデミー賞を受賞して以来、この小さな漁師町は世界的論争に巻き込まれた。「くじらの町」として400年の歴史を持つ「誇り」は、シーシェパードを中心とした世界中の活動家たちから集中非難の的となる。ヒートアップする対立が沸点に達しようという2010年秋、佐々木は太地町を訪れる・・・。

そこでは、マスメディアが報じてきた二項対立 -捕鯨を守りたい日本人とそれを許さない外国人 - という単純な図式ではなく、カメラは賛否に縛られない多種多様な意見を捉えていく。 歴史・宗教・イデオロギー、自分と相容れない他者との共存は果たして可能なのか?今まさに、世界が直面している「ダイバーシティの危機」を克服するヒントがこの映画にはある。嫌いなヒトをスッキリ排除しますか?それとも、一緒に生きていきますか?

★武相荘で、初めての映画上映会です

武相荘には、もともと白洲次郎が農具などを置くために作った納屋があり、その地階を改築した一風変わった能ヶ谷ラウンジというイベントスペースがあります→こちら。ミニシアターの日は定員40人ほどのこのラウンジを映画館に早変わりさせ、素敵な作品を上映いたします。

〈開催概要・お申し込み〉

  • 会場:能ヶ谷ラウンジ(旧白洲邸武相荘)
  • 定員:各回とも30名 自由席
  • 上映スケジュール・料金:
    • A – 5/12(土)13:00~14:50
    • B – 5/12(土)16:00~17:50 + 佐々木監督による作品紹介&懇親会 〜19:00
    • C – 5/13(日)13:00~14:50

    A、C = 1,300円(税込)
    B = 3,240円(税込)佐々木監督との懇親会・ワンドリンク軽食付き

  • B回は完売となりました。A回・C回は当日券が各10席分程度ございます。5/9掲載
    前売り券の販売は終了いたしました。誠に有難うございました。

監督 佐々木芽生さんコメント

なぜ日本は、クジラやイルカのことで世界の非難を浴びるのか?その答えを探すために何年も太地に通っていたら、今私たちが、世界が抱えている多くの問題にぶち当たりました。そして知れば知るほど、自分がいかに知らないかに悩みました。問題は、捕鯨やイルカ漁に賛成か、反対かではないのです。特定の動物を巡って、なぜ私たちは対立し、憎しみ合うのか。今世界で起きていること、みなさんの人生に起きていること、どうすれば私たちは分かり合えるのか。そのヒントをこの映画から見つけて貰えれば嬉しいです。

佐々木芽生さん プロフィール

佐々木 芽生(ささき めぐみ)
監督・プロデューサー

北海道札幌市生まれ。1987年よりニューヨーク在住。フリーのジャーナリストを経て1992年NHKアメリカ総局勤務。『おはよう日本』にてニューヨーク経済情報キャスター、世界各国から身近な話題を伝える『ワールド・ナウ』NY担当レポーター。その後独立して、NHKスペシャル、クローズアップ現代、TBS報道特集など、テレビの報道番組の取材、制作に携わる。

2008年、初の監督作品『ハーブ & ドロシー 』を完成。世界30を越える映画祭に正式招待され、米シルバードックス、ハンプトンズ国際映画祭などで、最優秀ドキュメンタリー賞、観客賞など多数受賞。NY、東京の劇場でロング・ランを記録した他、全米60都市、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどで公開される。2013年、続編にあたる『ハーブ&ドロシー2~ふたりからの贈りもの』完成、発表。第一作目とともに、現在も世界各国の劇場、美術館、アートフェアで上映が続いている。

2014年NHK WORLD にて、日本の美術を紹介する英語番組 ART TIME-TRAVELERナビゲーター。2016年秋、第3作目にあたる長編ドキュメンタリー映画「おクジラさま~ふたつの正義の物語」完成。本作は2015年TOKYO DOCSにて最優秀企画賞受賞、2016年釜山国際映画祭コンペティション部門に正式招待された他、世界各地で上映中。日本では、2017年9月から全国で劇場公開。
書籍版「おクジラさま ふたつの正義の物語」も同時刊行。

2018年2月18日 寒さに負けじと

積もった枯葉をかき分けて芽を出していた福寿草、咲き始めました。

桃色のツバキ「有楽」。竹林の遊歩道に咲いています。

紅梅も本格的に咲いてきました、今週見頃となりそうです。

美しい季節です。
寒さが戻ってきましたので、ぜひ暖かい身支度でご来館ください。

2018年2月11日 紅梅の開花

紅梅 武相荘
紅梅が咲き始めました。冬の深い緑を背景に、
長い枝の先に沢山鮮やかな花が咲きます。
武相荘の一年の中でも、ぜひ一度ご覧いただきたい景色です。

2018年1月23日 大雪でした。

大雪の日が開けて1月23日

大雪、開けて1月23日

一番積もっていた所は、ウッドデッキの路。
27cmも積もっていました。

もうスタッフ総出で、雪かきです!