2019年の記事一覧

2019年2月28日更新武相荘の陶芸教室〈第1教室/全3回〉2019年

白洲次郎・正子の娘婿、牧山圭男による陶芸教室です。
初心者から楽しめる陶芸教室。全3回で、おひとりずつ小皿2枚と陶印を作ります。
継続してご参加の方はぜひ新しい作品にもチャレンジして下さい。

講師の牧山圭男は正子の影響もあり、1970年代後半に独学で陶芸をはじめ、銀座で作陶展を開くまでになり、武相荘のショップでは作品も販売しています。
次郎や正子との「焼きもの」に関するエピソードなども披露しながら、少人数でわかりやすく、楽しい会にできればと考えております。

牧山圭男
牧山圭男

これまでの教室に参加した方は2,000円引きで参加できます。

武相荘 牧山圭男 第1回陶芸教室の様子

1回目の様子。基本の土コネから始まり、小皿や箸置きを成型しているところです。これを素焼きして、2回目に絵付けと釉薬をかけて、本焼きとなります。

ショップで販売中の圭男作品
yoshio_sakutou

yoshio_sakutou2

開催概要
〈陶芸教室 2019年第1教室 全3回〉

継続参加の皆様へ:(1)沢山作られる方向けに大玉土オプションを設けました。(2)陶土を、信楽・白信楽・赤伊賀からお選びいただけるようになりました。(初参加の方は「信楽・白」となります)

  • 1回目:5月18日(土) 14時~16時頃
    土をこねて成型する(ロクロではなく、手びねり板作り)+陶芸のイロハの話
  • 回目:6月1日(土) 14時~16時頃
    素焼きしたものに絵付け・釉薬掛けをする
  • 3回目:6月15日(土) 14時~15時頃
    完成した焼きもののお渡しと茶話会

※全3回で、おひとりずつ小皿2枚と陶印を作ります。
※1回目と2回目の参加は必須とさせていただきます。3回目は、欠席の場合、宅配便(着払い)で完成した焼きものをお送りします。

持ち物・準備

  • 当日は汚れてもよい靴や服でご参加ください。
    エプロン、タオル、筆記用具などもお持ちください。

募集人数

  • 10名~15名

    先着順で人数になり次第、締め切らせていただきます。

    ※お子様だけの参加はできません。大人の方との参加をお願いします。

料金・お申込み

下記のリンク先のフォームよりお申し込みください。

  • ¥10,000税込(全3回分) 小学生以下のお子様 ¥3,000
    〜武相荘ミュージアム入館券1枚付き〜正子の愛した骨董の器なども多数展示中

    ※以前の教室に参加している方は2,000円引きで参加できす。(但し、お子様料金は割引の対象となりません。)
    慣れた方で、大きなものや数を沢山作りたい方は土の追加が必要となります。
    お申込み時に大玉(+2,000円)の利用人数をご記入ください。
    ※武相荘の倶楽部メンバーは別途1,000円引きとなります。

    ※焼きものをつくるための材料や道具などはすべて含まれます。
    ※3回目の茶話会(お茶とお菓子)の代金も含まれます。
    ※3回目不参加の場合も料金は変わりません。

  • 定員に達したため締切となりました。ご参加の皆様どうぞお楽しみに!
    お申込み後、万が一キャンセルされる場合には開催1週間前までに必ずご連絡お願いいたします。

2019年2月8日更新4月20日(土)開催 〈第8回〉お能への誘いの会「山姥」

「お能を知りたい」「体験したい」という方に絶対おすすめの、武相荘の能楽講座。
第8回のテーマは「山姥」です。

武相荘の講座 お能への誘いの会・第8回「山姥」
画像クリックでPDF(印刷用)が開きます。

今回のテーマは世阿弥作の謡曲「山姥」。
京の都に山姥(やまんば)の舞で人気博した遊女がおり、その遊女がとあるきっかけで本物の山姥にであってしまう・・・というところから始まる、面白いお話です。

今回はこの「山姥」の本番を間近にひかえる能楽師のお二人、主役を舞われるシテ方の友枝雄人さんと、音で舞台を作り上げる達人、小鼓方の成田達志さんを講師にお迎えし、それぞれの立場から見た山姥のすがた、魅力についてお話しを伺います。

司会進行はおなじみ青柳恵介氏、ものがたりとその背景に在ったいにしえの時代を、立体的に紐解いてくださいます。

しめくくりは、能楽師のお二人による一調の実演です。一期一会のお能の舞台「山姥」でのお二人の共演、貴重な機会となります。初めての方もぜひ奮ってご参加ください。

勉強会終了後には、講師を囲んでのディナー懇親会も開催します(希望者)。
お酒が入ってリラックスした講師陣とのお話しも楽しみです。
席に限りがございますので、ご興味がおありの方はどうぞお早めにお申し込みください。お申し込みは下記リンク先のフォームより。

以前開催のレポートもご参照ください。「井筒」の回「野宮」の回

〈開催日時・会場〉

  • 2018年4月20日(土) 16:00-17:30開催 武相荘 能ヶ谷ラウンジ

    ※15分前までにショップ窓口にて受付をお済ませください

〈参加費〉

  1. 勉強会のみ —— 3,240円(税込)
  2. 勉強会 + ディナー懇親会セット —— 7,560円(税込)

    ※講師陣を囲んでのディナー懇親会です。(お食事代・ドリンク代込)勉強会終了後、武相荘レストランにて開催。

  • 募集定員は、勉強会40名/ディナー懇親会18名

〈特典〉

  • 観劇チケット購入優待
    勉強会にご参加の方は6月15日(土)開催「五蘊会」のチケットを1割引にてご購入いただけます。お申込み時にご指定ください。
  • その他特典:武相荘ミュージアム観覧チケット2割引

    ※当イベントご参加の方/当日に限り有効/ご希望の方はショップ窓口にてお申し付けください。

〈お申し込み〉

  • 定員となりましたので受付は終了いたしました。(2019年3月22日)
    ご参加の皆様、どうぞお楽しみに。

    お申し込み後、万が一キャンセルの場合には開催1週間前までに必ずご連絡お願いいたします。

2019年1月19日更新〈映像紹介〉 町田市トークイベント「よいまち ていねいなくらし」

武相荘で、2018年11月の週末に4週連続で開催されました町田市トークイベント「よいまち ていねいなくらし」のドキュメンタリー映像が公開されています。
映像は会場となった武相荘を背景に、司会進行のKEN THE 390(ケン・ザ・サンキューマル)さんとゲストの皆さんによる興味深いお話の様子が、美しくまとめられています。ぜひご覧ください。

開催記録

●トーク・ゲスト
11/4(日)  高橋俊宏(Discover Japan 統括編集長)http://discoverjapan-web.com/
11/11(日) 及川卓也(作家 コロカル 編集長) https://colocal.jp/
11/18(日) 松浦弥太郎(くらしのきほん 編集長)https://kurashi-no-kihon.com/
11/25(日) 岸辺麻巳(Hanakoママ 編集長) https://hanakomama.jp/

●司会進行
KEN THE 390 http://www.kenthe390.jp/
11/4,11,18,25 全参加

「よいまち、ていねいなくらし」
主催:町田市/企画制作:株式会社ポニーキャニオン


2019年1月18日更新椿、紅梅のつぼみ

お正月が過ぎて2週間、みなさん忙しい日常を取り戻された頃でしょうか。

武相荘は、森や竹林のから聞こえるカサコソという音と、時折聞こえる野鳥の声などにつつまれ、ここのところの良い天気もあり一層のどかな雰囲気です。

こちらは紅梅のつぼみ。今年も満開の景色が楽しみです。(例年2月上旬〜中旬)

お庭では交代交代で椿が咲いています。最近咲き始めた「卜伴」。石仏の前に。

レストランからは、大きなガラス戸越しに、緑の景色がよく見えます。

鈴鹿峠(武相荘ミージアム奥の裏山です)は、冬らしいすっきりした景色です。

正門の近く、左の大きな木は柿の木、右手はみなこれから咲く椿の木です。
草の勢いが収まっている冬の庭は清々しく気持ちが良いです。
ぜひ自然の散歩をお楽しみください。

さて、1月27日は新年初となる「武相荘の骨董市」を開催いたします。
現在出店準備の真っ最中、この日は毎回数百人のお客様で活気にあふれます。
今回はどんな掘り出し物が出るか。どうぞご期待ください。

2019年1月11日更新武相荘× SIGMA 『Art of Life(日常の美)』 大門美奈写真展『武相荘写真歳時記』秋冬編

このイベントは終了いたしました。ご来場の皆様まことに有難うございました。

SIGMAさんと武相荘の共同企画による写真イベント
武相荘×SIGMA『Art of Life(日常の美)』

3月21日(木・祝)より、写真家・大門美奈の写真展『武相荘写真歳時記』
後編となる秋冬編が始まります。

前編、春夏編では「日本家屋独特の仄暗さ」(大門さん談)に着目し
暗さの中に潜む美を捉えた見事な作品の数々を見せてくださいました。

いよいよ後編の開催。
昔ながらの自然を維持し、季節によって様々な趣きを見せる武相荘で、
大門さんがとらえた美のかたちとは、一体どのようなものでしょうか。
期待が高まります。

SIGMAさんと武相荘による初の共同企画のフィナーレ、
春先からの公開です。ぜひ会期中に足をお運び下さい。

© Mina Daimon 武相荘写真歳時記 秋冬編より

大門美奈写真展『武相荘写真歳時記』秋冬編 開催概要

  • 会期:2019年3月21日(木・祝)~ 5月6日(月)
  • 会場:旧白洲邸 武相荘
    ミュージアムに4点、バー&ギャラリーに4点、カフェ(ガレージ)に6点 計14点(ミュージアムは入場券が必要です)
  • 本展に関するお問い合わせ
    SIGMAマーケティング部|pr@sigma-photo.co.jp

■大門美奈氏プロフィール
神奈川県出身。2011年より写真家として活動をはじめる。第1回キヤノンフォトグラファーズセッションファイナリスト。無印良品、ファッションブランドとのコラボレーション企画などに参加。SIGMA dp3 Quattroユーザーとして多くの作品を撮影。主な写真展に「Portugal」(リコーフォトギャラリーRING CUBE)、「本日の箱庭展 – the Miniature Garden -」(72 Gallery)、写真集に「Al-Andalus」(桜花出版)がある。International Photography Awards 2017 にてHonorable Mentionに選出される。創作活動についてはSIGMAウェブマガジン「SEIN」、SIGMA dp Photo Galleryなどでも紹介。
大門 美奈ウェブサイト
http://www.minadaimon.com

大門美奈