お知らせ

こちらは新着順の全記事一覧です。
上のサブメニューからカテゴリーを選択ください、武相荘イベント開催レポート等に絞込みが出来ます。

1 2 3 38

2018年1月19日 つぼみ

福寿草のつぼみ 武相荘
福寿草のつぼみ。これから2月にかけて、咲いてきます。

椿 大唐子 武相荘
こちらは椿のつぼみ、大唐子。ピンクよりの赤一色の大輪を咲かせる、非常に艶やかな品種です。
正門をくぐってすぐ左手に。

椿 桃色 武相荘
竹やぶの出口、桃色の椿。つぼみが沢山ついて、これからが楽しみです。

晴れ続きの1月、久しぶりに雨の多い今週でした。

梅や椿のシーズン間近です。

2018年1月9日 開催レポート 武相荘の新年会(2018年お正月)

武相荘の新年会2018
賑やかなお囃子の音色とともに、新しい一年が始まりました。

お神楽 武相荘の新年会2018
昨年一昨年に続き、お神楽を上げてくださったのは町田の「神龍會」のみなさん。
お獅子に頭を噛んでもらって、無病息災と、より良い一年を祈願。
今年も良い年になりますように!

白梅のつぼみ 武相荘
白梅の蕾も膨らんできました。
黄色の蝋梅は一足先に咲いて、良い香りを漂わせています。

2017年12月24日 蝋梅

駐車場側の入り口から、ゆっくりと歩いて行くと、ほんのり良い香りにつつまれます。
蝋梅の香りです。

武相荘 蝋梅(ろうばい)

武相荘は明日12月25日(月)より冬季休暇に入ります。
2週間のお休みをいただき、新年は1月6日(土)より開館いたします。
6日は朝10時より「武相荘の新年会」を開催致します。
賑やかにお囃子、御神楽もあげられます。ゆったりとしたお正月の雰囲気をお楽しみください。
新年会のご案内はこちら

武相荘 12月

寒さの厳しい日が続きますが、みなさまどうかお元気に、良いお年をおむかえください。
また来年も皆様のご来館をお待ちしております。

2017年12月24日 75万人目のお客様

武相荘、2001年10月の開館以来、75万人目となるお客様をお迎えすることができました。
記念すべきお客様は横浜市からお越しの素敵なご夫妻でした。

武相荘 75万人目のお客様

(写真の撮影を快くお許しをいただきました、ありがとうございます!)

2017年12月22日 武相荘の講座 青柳恵介氏講演「骨董と旅」〜京都・長浜編〜

白洲正子とも日本を旅し、古美術評論家としては、様々な舞台で活躍されている青柳恵介さん。
武相荘でもこれまでに、骨董談義や、お能への誘いの会と、度々出演いただいております。

2018年、氏の新しい講演会が武相荘はじまります。題して「骨董と旅」。日本各地の旅と、骨董・やきもの・民芸品を取り上げて、楽しくめずらしいお話を聞かせてくださいます。

青柳恵介氏講演「骨董と旅」京都・長浜編

第1回は「京都・長浜」編。氏の著書「民芸買物紀行」では日本中を回りながらも、登場していないこの地域。どんな旅を経験されたのか、どんないいモノを発見されたのか、お話が今から楽しみです。どうぞご期待ください。(お申し込みは、下記より)

〈お申し込み・開催概要〉

  • 武相荘の講座 青柳恵介氏講演「骨董と旅」〜京都・長浜編〜
  • 日程 2018年2月17日(土) 16:30〜18:00
  • 料金 2,160円税込
  • 会場 能ヶ谷ラウンジ/定員40名

    ※受付窓口にて、講座開始10分前までに受付をお済ませください。

  • 特典・その他
    • 武相荘ミュージアム・観覧チケット20%Off

      イベントご参加の方は窓口にて受付をされる際にお申し出ください。

    • ディナーをご希望の方

      講座終了後ディナーをご希望の方は、直接レストランへご予約下さい(TEL.042-708-8633)。「イベント参加者」とお申し出下さるとスムーズです。ディナーメニューはこちら

  • お申し込みフォーム

    お申し込み後、万が一キャンセルの場合には開催1週間前までに必ずご連絡ください。

〈講師プロフィール〉

青柳恵介氏

古美術評論家。「五蘊会」会長。
1950年生まれ。東京都出身。
成城大学大学院博士課程修了。専門は国文学。古美術評論家。成城学園教育研究所、成城大学、東京海洋大学の講師を務めた。
著書に「風の男 白洲次郎」(新潮社 1997)、「骨董屋という仕事」(平凡社 2007)、「白洲次郎と白洲正子―乱世に生きた二人―」(新潮社 2008)などがある。

青柳恵介氏
写真:新潮社刊「古伊万里 磁器のパラダイス」より

1 2 3 38