お知らせ

こちらは新着順の全記事一覧です。
上のサブメニューからカテゴリーを選択ください、武相荘イベント開催レポート等に絞込みが出来ます。

1 2 3 54

2019年10月9日 武相荘の骨董市(第12回)

2019年11月10日(日) 朝10時開場・入場無料

武相荘の門前に骨董屋さんが立ち並ぶ恒例の骨董市、この秋2回目開催のお知らせです。

和骨董、西洋骨董から、仏教美術までさまざなジャンルの骨董屋さんが武相荘に集います。現代では作ることの出来なくなってしまった品々との時代を超えた出会いをお楽しみください。

武相荘の骨董市 2019年11月10日(日)
画像クリックで印刷用PDFを表示

11月、本格的な紅葉はまだですが、冷たさの感じられる空気に、木漏れ日がゆれ、昔ながらの里山の雰囲気が感じられる季節です。買い物の後はほっと一息、邸内をごゆっくり散策ください。

お車でお越しの皆様へ
当日、武相荘の駐車場は混雑が予想されます。40分以上お待ちいただく場合もございますので、あらかじめ近辺のコインパーキング利用もご検討ください。武相荘近辺のコインパーキング参考情報はこちら

開催概要

  • 会場: 武相荘/参加無料・予約不要
  • 2019年11月10日(日)開催
    開始時刻: 朝10:00 ※1
    終了時刻: 16時ごろ(めやす)

※1 「武相荘の倶楽部」メンバーは、開場15分前よりご入場いただけます(同伴者は不可)。会員証をお忘れなく。

武相荘の骨董市 第2回の様子
第2回の様子
第1回骨董市の様子
第1回の様子

2019年9月30日 フォトレポート 武相荘のコンサート「日本の音 北と南」

2019年8月24日(土)に開催いたしましたコンサート「日本の音 北と南」のフォトレポートです。

武相荘のコンサート「日本の音 北と南」:前半
緑に囲まれた武相荘で、夕方の風を感じながらの屋外開催。
三線・ウッドベース・津軽三味線のお3方のライブに、沢山のご来場をいただきました。
三線:宮里英克,ウッドベース:羽立光孝
夕方から始まった前半は、三線の宮里英克さんとウッドベース羽立光孝さんによる沖縄音楽。
宮里さんの優しいうたと、包み込むような羽立さんのベース。
津軽三味線:山影匡瑠
日が落ちて闇に包まれた後半に登場は、津軽三味線の山影匡瑠さん
津軽三味線:山影匡瑠
迫力の演奏に空気がピンと張り詰め、参加者の息を飲む音が聞こえるようでした。
武相荘のコンサート「日本の音 北と南」:後半
第3部は全員が入り乱れてのセッション。どこまでも楽しく盛り上がりました。

天候にも恵まれ、武相荘での初めての試みは大成功となりました。
出演者の皆さま、そしてご来場の皆さま、誠に有難うございました。

2019年9月26日 〈武相荘の講座〉 縄文の手ざわり 弥生の切れあじ 〜金属器、稲作、茅葺き〜

職人とその仕事から学ぶ武相荘の講座、今回の講師は塩澤実さんと相良育弥さん。今最も活躍されている茅葺き職人のお二人です。

塩澤実さん相良育弥さんトークライブ in 武相荘

〜お話のテーマ/相良さんより〜

現在みなさまが目にするような茅葺き屋根を作るには大量の茅(ススキ、ヨシ、稲藁など)が必要ですが、草刈機や鎌などの道具をもってしても、茅を刈り集めるというのはなかなか大変な作業です。そのような道具がなかった原始の時代、どのようにして茅を刈り集めたのか?どんなカタチの茅葺き屋根だったのか?もしくは当時、茅葺き屋根は存在したのか、しなかったのか!?そのあたりの答えが縄文から弥生への移り変わりの時代にありそうだと考える、茅葺き職人による茅葺き屋根のルーツを巡るお話です。

講師プロフィール

塩澤実
塩澤 実(しおざわ みのる)
1972年生。茅葺屋代表。
大学で環境デザインを学びながら建築が風景を環境を破壊している現実に悩んでいた折、一軒の茅葺き古民家の廃屋に出会い朽ち果て緑に覆われようとする痛々しい姿を、何故かとても美しいと思い惹き込まれた。卒業後京都府美山町へ移住、茅葺き職人の修行を積む。
関西を中心に職人として活動する傍ら、身近な草が茅という建材となり、美しい屋根となり、古くなれば肥料として土に還る、循環する茅葺きの環を広く体験出来る、茅葺き、茅刈りのイベントなど企画運営。

相良育弥
相良 育弥(さがら いくや)
1980 年生まれ。淡河かやぶき屋根保存会くさかんむり代表。茅葺き職人。
宮澤賢治に憧れて大地に生きる百姓を志すも、減反で米がつくれず「三姓」止まりに。そんな時に出会った茅葺きの親方に言われた「茅葺き屋根は百姓の業でできている」との言葉で弟子入り。
しばし土から離れ、空に近いところで百姓の住まう業を学び、修行を終え 2011年に独立。
現在はふるさとの神戸市北区淡河町を拠点に、民家から文化財まで幅広く手掛け、 積極的にワークショップも行う。空と大地、農村と都市、日本と海外、昔と今、職人と百姓のあいだを草で遊びながら、茅葺きを今にフィットさせてゆく活動を展開中。平成27年度神戸市文化奨励賞受賞。

普段は関西に拠点を置くお2人、「茅葺き職人」という独特の視点から、日本の風土や建築、暮らしにまつわる新鮮なお話を楽しく聞かせてくださいます。
講演会終了後は懇親会の予定もあります(ご希望の方のみ)
第一線で活躍する職人さんと、その仕事ぶりに触れることのできる貴重な機会です。ご興味をお持ちの皆様、ぜひお気軽にご参加ください。

塩澤さん相良さんと武相荘は2006年の屋根葺き替えからのご縁です
(ご参考)一昨年に開催「みんなのかやぶき」のレポート記事

〈開催日時・会場〉

  • 2019年11月9日(土) 16:00-17:30開催 武相荘 能ヶ谷ラウンジ

    ※15分前までにショップ窓口にて受付をお済ませください

〈参加費〉

  1. 講演会のみ —— 3,300円(税込)
  2. 講演会 + 懇親会 —— 8,250円(税込)
    ※懇親会は講師陣を囲んでのディナーです。(お食事代・ドリンク代込)
    勉強会終了後、武相荘レストランにて開催。

〈特典〉

  • 武相荘ミュージアム観覧チケット2割引

    ※当イベントご参加の方/当日に限り有効/ご希望の方はショップ窓口にてお申し付けください。尚、ミュージアムは17時閉館となります為、ご観覧はイベント開催前のお時間をご予定ください。

〈お申し込み〉

  • お申し込みはこちらから/PassMarket
  • お申し込み締め切りは11月2日です。
  • お申し込み後のキャンセルは必ず開催1週間前までにご連絡お願いいたします。
  • 購入にはクレジットカード決済/コンビニ決済がご利用いただけます。銀行振込がよろしい方は武相荘 (info@buaiso.com) までお問い合わせください。
古代人が出てきそうな笹葺き屋根の窖(あなぐら)

2019年9月26日 岡島直樹さんワイン講座 「ボージョレー・ヌーボーと南仏ワイン」

今回のテーマは「ボージョレー・ヌーボーで今年のヴィンテージを占う」

ソムリエ岡島直樹さんワイン講座

ベテランソムリエの岡島直樹さんに、今回は日本人には親しみ深いボージョレー・ヌーボーの、古くて新しい楽しみ方を教わります。

講座では、岡島さんの産地を旅するようなお話に耳を傾けながら、ワインを順番にテイスティング。

南仏でもそれぞれに異なる生産地の特性、ぶどうの種類、性格などを教わっていきます。

試飲にはボージョレー・ヌーボーを中心にさらに南のワインも登場予定、今回のテーマにあわせて岡島さん自身が厳選したワインを皆様に飲み比べていただきます。(こだわりおつまみ付き)

講座後はディナー、今回も武相荘レストランのシェフが特別メニューに腕を振るいます。
ワインと料理と楽しいお話と。武相荘で過ごす秋の夜長です。どうぞお楽しみに。

ワイン講座の以前開催のレポート

岡島直樹 氏 プロフィール

1956年9月18日生まれ
高校入学する春休みにアルバイトとして飲食業に従事し、いつの間にか本業となる。フランス パリ、リヨンにてコックとして修行、イタリア プーリアでイタリア料理を修行も、コックとしての才能に見切りを付け、酒好きも手伝っていつしかソムリエの道へ。
日経レストラン第一回メニューグランプリ入賞1999年首都圏最優秀ソムリエ受賞。サントリーワインスクール、赤土ワインスクール、鶴見大学オープンカレッジ等で講師を務める。際コーポレーション統括ソムリエを経て現在、ワイン食堂 Cantinetto Giglio(世田谷区奥沢)オーナーシェフ

ソムリエ 岡島直樹 氏

〈開催概要〉

  • 開催日時:2019年11月30日(土)17:00より
    ※開始15分前までに受付をお済ませください。
  • 会場:武相荘レストラン(旧白洲邸 武相荘 邸内)
  • 開催内容
    1. ボージョレー・ヌーボーと南仏ワインのお話〈17:00~18:30〉
      ワイン数種のテイスティング(こだわりおつまみとともに)
    2. ディナー〈講座終了後 18:30~20:00頃〉
      本会の趣向にあわせた特別メニュー(テーブルシェアスタイル)
  • 参加費:ワイン講座+ディナー代金込み
    • お一人様 13,000円(税込14,300円)
      ※武相荘の倶楽部メンバーは 12,000円(税込13,200円)
  • その他特典 武相荘ミュージアム観覧チケット2割引き

    ※当イベントご参加の方/当日に限り有効/チケット売場にて受付の際お申し出ください。尚、ミュージアムは17時閉館となります為、ご観覧はイベント開催前のお時間をご予定ください。

〈お申し込み〉

  • 参加チケット ご購入はこちらから/PassMarket
    当イベントチケットは上記リンク先、パスマーケットで販売(クレジットカード決済/コンビニ決済)しております。銀行振込がよろしい方は武相荘 (info@buaiso.com) までお問い合わせください。
    お申し込み後、万が一キャンセルの場合には開催1週間前までに必ずご連絡お願いいたします。
手摘みで収穫されるボージョレーの葡萄
ボージョレーのぶどう収穫

2019年9月24日 マルシェ開催 鶴川OMOTENASHI祭り

このイベントは終了いたしました。ご来場の皆様まことに有難うございました。

10月最初の週末は鶴川に来てみませんか?

10月4日~6日、鶴川で鶴川の4つの古民家で「鶴川OMOTENASHI祭り」と題し、さまざまなイベントやマルシェが開催されています。(全容はこちら

武相荘では
10月5日(土)にマルシェを、
10月6日(日)には恒例の骨董市を(骨董市についてはこちら
開催致します。

マルシェには、地域生産者のこだわりが詰まった、知る人ぞ知るおいしいものが集合します。
秋空のもと、自然の多い鶴川の里歩き。ホッとする1日を過ごしてみませんか。

開催日程

  • マルシェ 10月5日(土) 10:00〜16:00

出展者情報

ラオスで作られたオーガニック紅茶の試飲・販売
(行商 IRO OTO MIDORI / 麻生区岡上)
地元岡上の農作物を使用したワインと地ビール(カルナエスト / 麻生区岡上)
コーヒー試飲販売
(珈琲焙煎室 そら / 伊勢原湘南)
蜂蜜
(アンドファームユギ
/ 八王子市小比企・堀之内)
味噌・あまざけ販売
(明治初頭創業 井上麹店 / 町田市小山町)

1 2 3 54