岩田桃楠 三味線ライブ@武相荘2022

これぞ津軽三味線。という骨太の名曲から、三味線の新しい魅力を引き出したオリジナル曲、さらに有名曲の三味線によるカバーまで、世界で活躍する桃楠さんの演奏にどうぞご期待ください。
共演のパーカッショニスト佐野幹仁さんとのセッションもぜひお楽しみに!

画像クリックでチラシPDFを開く(1.3MB)

叩きつけるように撥を使う打楽器的奏法で「見せる」音楽を押し出す津軽三味線。楽器の骨太さに岩田桃楠の現代感覚を乗せた新たな三味線音楽の魅力を発見いただけると思います。 今回は独奏ばかりでなく、パーカッショニストの佐野幹仁との合奏も加え、お馴染みの⺠謡から岩田のオリジナル曲や懐かしのカバー曲と幅広く演奏します。演目:津軽じょんから節、蓮、彗、minimum、他

出演者プロフィールはこちら

開催概要

岩田桃楠 三味線ライブ@武相荘 2022

  • 【出演】岩田桃楠、共演:パーカッショニスト佐野幹仁
  • 【日程】2022年6月11日(土) 15:00—17:00/途中休憩有り
    14:30受付開始(会場入口)/開始5分前までに入場ください。
  • 【会場】旧白洲邸 武相荘 能ヶ谷ラウンジ
  • 【席数】全席自由40名
  • 【参加料】6,000円(税込)
  • 【アフターライブディナー】要・別途お申し込み 5,500円(税込)
    ライブ終了後17:30より/お食事・お飲み物代込み/※詳細は下記をご確認ください。
  • 【締切】2022年6月5日(日)

お申し込み

  • お申し込みはこちらから/PassMarket
    クレジットカードまたはPaypayでの決済
  • 銀行振込がよろしい方は下記イベント専用窓口までメールでお問い合わせください。尚、銀行振込でのお申込みをキャンセルされる場合には、返金時の振込手数料を差し引かせて頂きますので、予めご了承ください。
  • 武相荘イベント専用窓口
    email: contact@buaiso.com
    TEL.090-4367-9708(受付時間: 平日10:00-17:00)
  • キャンセルにつきまして
    お席の準備がございますので開催1週間前までに必ずご連絡お願い致します。

アフターライブディナー

  • イベント参加者ディナー(完全予約制)1名様 5,500円 税込
    イベント終了後 17:30〜19:30
  • ご予約は、レストランへ直接お願いいたします。
    ご予約締め切り6月5日(日)
    レストラン直通 TEL.042-708-8633 / レストランご案内ページ
    ※「6月11日イベント岩田桃楠三味線ライブのディナーを希望」とお伝えください。
  • お支払いは当日となります。
    武相荘での一日を心ゆくまでお楽しみください。

出演者プロフィール

岩田桃楠(いわたももくす)

三味線音楽家。大阪府箕面市出身。東京藝術大学音楽学部邦楽科卒業。
〈主な公演歴〉
2013年: アメリカPresbyterian College 及び Coker College内ホールの公演に参加。
2014年: オマーン×日本国交40周年式典にて演奏/紅白歌手、ソーラン節の伊藤多喜雄氏のツアー多数参加。
2015年: ももいろクローバーZ「桃神祭」にてバックバンドとして演奏。
2018年、2019年 表参道ヒルズ元旦スペシャルパフォーマンス出演。
2019年: イタリアFestival dell’ Oreiente出演/アメリカミネソタ州Hamline Universityにてソロコンサート/日本国内にて「岩田桃楠ライブ」多数開催/ソロアルバム「Shamisen Tokyo」リリース。
2021年: 一般社団法人三味線表現協会を設立/表参道ヒルズにて同協会主催の現代若手三味線奏者を集めた「Shamisen Collection2021」公演を開催/熊本県立劇場にて自作の三味線協奏曲をロイヤルチェンバーオーケストラと初演。
2022年: サントリーホールブルーローズにてバイオリン奏者奥村愛氏と共演。

共演:佐野幹仁(さのみきひと)パーカッショニスト

出身校:東京藝術大学音楽学部打楽器専攻卒業
これまでに打楽器を茶屋克彦、中山航介、藤本隆文、杉山智恵子の各氏に師事。LA SEÑAS、LA SEÑAS COLECTIVO、パノラマスティールオーケストラ、ゴーシュなど多数の楽団に所属。 打楽器と自分自身を愛する音楽家。

会場にはウイルス対策を充分に施して開催致します。皆様におかれましても体調管理とマスクの着用をよろしくお願い致します。尚、次の場合、本会はキャンセルとなります。その場合にはご連絡の上払戻しを行います。 (1)参加応募が最少催行人数に満たない場合。 (2)新型コロナへのさらなる緊急対応が必要とされた場合。