青柳恵介さんお話会 〜白洲正子 日本の名宝100〜
その4「信貴山縁起絵巻」

古美術や能楽などを通して感じられる、日本に生まれた美。そして、その楽しみ。
白洲正子とは、その美の本質を追いかける同士として意気投合し、長きにわたり非常に近しい関係にあった青柳恵介氏によるお話会シリーズ、第4回です。

今回の名宝は「信貴山縁起絵巻(しぎさんえんぎえまき)」 
——奈良県の朝護孫子寺に伝わる絵巻物です。現在は国宝にも認定されています。

霊験あらたかな命蓮上人の活躍と共に、市井の人々の生活や表情が非常に生き生きと描かれた、全3巻の絵巻物。平安時代後期の作とされます。

信貴山縁起絵巻より、米俵を鉢に乗せるように指示する命蓮
出典 Wikimedia

作者は不詳とされており、謎の多い絵巻物ですが、平安末期といえば様々な分野で貴賤の垣根を超えた新しい潮流が生まれた時代です。白洲正子はこの絵巻物を自らが選ぶ日本の百宝の一つに上げました。

正子は何を見つけていたのでしょうか。平安末期とはどんな時代だったのでしょうか。
日本の歴史と、古美術の専門家である青柳先生が、今回も「宝」の秘密に近づくお話しをお聞かせくださいます。

楽しいお話の会です。初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。
お申し込みは下記より。


青柳恵介氏プロフィール

古美術評論家。五蘊会会長。觀ノ会発起人。
1950年生まれ。東京都出身。
成城大学大学院博士課程修了。専門は国文学。古美術評論家。成城学園教育研究所、成城大学、東京海洋大学の講師を務めた。
著書に「風の男 白洲次郎」(新潮社 1997)、「骨董屋という仕事」(平凡社 2007)、「白洲次郎と白洲正子―乱世に生きた二人―」(新潮社 2008)などがある。

青柳恵介氏
新潮社刊「古伊万里 磁器のパラダイス」より

会場にはウイルス対策を充分に施して開催致します。皆様におかれましても体調管理とマスクの着用をよろしくお願い致します。

開催概要

青柳恵介さんお話会 〜白洲正子 日本の名宝100〜 その4「信貴山縁起絵巻」

  • 【講師】青柳恵介氏
  • 【日程】2021年12月4日(土) 15:30—17:00
    15:10受付開始(会場入口にて)、開始5分前までに受付をお済ませください。
  • 【会場】旧白洲邸 武相荘 能ヶ谷ラウンジ
  • 【定員】30名
    次の場合、本会はキャンセルとなります。その場合にはご連絡の上払戻しを行います。
    (1)参加応募が最少催行人数に満たない場合。
    (2)新型コロナへのさらなる緊急対応が必要とされた場合。
  • 【締切】2021年11月29日(月)募集締め切り

参加料

  1. 講座参加
    3,500円(税込)
  2. 講座参加・ミュージアム鑑賞券セット
    4,100円(税込)
    当日ミュージアムをご観覧の方向け(計500円分のご優待)。武相荘ミュージアムのご案内
    ※尚ミュージアムは17時閉館ですので、ご観覧はイベント開始前にご予定ください。

お申し込み

  • お申し込みはこちらから/PassMarket
    クレジットカードまたはPaypayでの決済
  • 銀行振込がよろしい方は下記イベント専用窓口までメールでお問い合わせください。尚、銀行振込でのお申込みをキャンセルされる場合には、返金時の振込手数料を差し引かせて頂きますので、予めご了承ください。
  • 武相荘イベント専用窓口
    email: muromachi@buaiso.com
    TEL.090-4367-9708(受付時間: 平日10:00-17:00)

講座後に武相荘レストランでディナーはいかがですか?

  • ディナーをご希望の方は、レストランへ直接ご予約ください。
    レストランご案内ページ
    イベント終了後 17:30〜。武相荘での一日を心ゆくまでお楽しみください。
    完全ご予約制。お支払いは当日となります。
    レストラン直通 TEL.042-708-8633

キャンセルにつきまして
お席の準備がございますので開催1週間前までに必ずご連絡お願い致します。