「沖縄芸能 踊てぃ遊ば」公演・夕食会レポート

7月25日(土)開催「沖縄芸能 踊てぃ遊ば(ウドゥティアシバ)」公演・夕食会の様子です。

暑さの消えない夕方、ご予約の皆様ほとんどが開演時間前に到着され、席もほぼ満席となりました。先に運ばれてきた沖縄料理をお供にゆっくり歓談されていると、1杯目のグラスが空になるころ、「沖縄芸能 踊てぃ遊ば」の皆さんの登場となりました。

挨拶とご紹介の後、
「かぎやで風節(かじゃでぃふうぶし)」、舞踊「四つ竹」でスタートしました。
「かぎやで風節」は黒の着物が凛々しい男性のみよる演奏。
「四つ竹」は、黄の紅型(びんがた)と花笠の女性3人による、優雅な舞踊です。

武相荘「沖縄芸能 踊てぃ遊ば(ウドゥティアシバ)」公演・夕食会の様子

琉球王朝を思わせる荘厳な演目からはじまり、
「十九の春」「安里屋ゆんた(あさどやゆんた)」と沖縄らしい名曲へ続きました。
泡盛を汲んで食事を楽しみながら、身も心もひたすら沖縄の雰囲気に包まれていきました。

休憩を入れて、
青柳恵介さんから正子と琉球についてのとてもプライベートな思い出もお聞き出来ました。

2つの太鼓と篠笛による独特の抑揚、わたる風のように透明で力のある歌声。
後半もどんどん引き込まれ、アンコールも含めて10演目
最後は、皆で歌って踊って、お開きとなりました。
〜遠く琉球王朝に旅してしまったかのような、楽しく心に残る夕べでした。

ご来場いただきました皆様、誠にありがとうございました。

(次回開催は未定ですが、期待したいですね!)

〜 沖縄芸能 踊てぃ遊ば 〜
関東一円を中心に多くの教室・会員数を誇る三線教室である「クイチャーパラダイス」に在籍するメンバーから成り、琉球舞踊、琉球音楽の素晴らしさや楽しさを一人でも多くの方に届けたい、沖縄をもっと身近に感じてもらいたい、この熱い思いで日々練習を積み重ねています。沖縄の人は大勢集まって笑顔で歌って踊るのが大好き!