2019年の記事一覧

1 6 7 8

2019年9月3日更新『武相荘の秋』展〈開催終了いたしました〉

武相荘の秋

会期:2019年9月3日(火) 〜 11月24日(日) 10時~17時(入館は16時半までとなります)

「武相荘の秋」2019年

柿の実が色づき始めている武相荘、秋のしつらいを是非、ご堪能下さい。

「武相荘の秋」2019年 展示紹介

夏も終わりに近づき、木犀の香りが漂いはじめ
秋の気配が感じられる頃になると、正子は気持ちや
身の回りを秋に向かって切り替えていくのでした。
ガラスの食器など夏を感じさせる品々は
秋を迎えるのにふさわしくないと、隅に追いやり
替わりにぬくもりの感じられる木地の品々や
秋草を活ける花器などで身辺をかため、
日本に四季のあることを喜んでおりました。

牧山桂子

2019年5月31日更新『武相荘の夏』展 2019〈開催終了いたしました〉

会期:2019年5月28日(火)〜8月25日(日)
ミュージアム開館時間:10時~17時 (入館は16時半までとなります)

「武相荘の夏」2019年夏の展示
写真奥左から、「紅型」藤村玲子・染、「琉球柄絣」田島隆夫・織
手前には、浴衣、きもの、帯を中心に夏の装い(奥座敷の展示)
「武相荘の夏」展のご紹介—2019年夏

武相荘の夏 開催にあたって

夕方、カナカナ蝉が騒がしくなる頃です。
きまって山盛りの蚕豆の鉢とビールを目の前にならべ
いつの頃からか毎年植えるようになった
刻々と花びらをひろげていく夕顔を眺めながら、
人生でも夕方を迎えていた次郎と正子の二人は
過ぎ去った昔を語り合うのが常でした。

牧山桂子

ガラスの小物いろいろ

2019年2月27日更新『武相荘の春』展 2019〈開催終了いたしました〉

会期: 2019年2月26日(火)〜5月26日(日)
尚、祝日を除く月曜は休館日です。
ミュージアム開館時間:10時~17時 (入館は16時半までとなります)

正子は、毎年春の訪れを楽しみにしていました。冬が終わりを告げる頃、雑木林が芽吹く直前に淡い紫色に染まってくると、冬から春への季節の変貌を感じ、窓を大きく開け、眼を閉じて微かに漂う春の香りを嗅ぎ逃さないように神経を研ぎ澄ますのでした。

この様な楽しみが味わえるのは、長く寒い冬があってこそと冬感謝しておりました。木々や草花が花をつけ始めると、毎日時のたつのも忘れて眺めいり、「年を取ると次の年にはもう見られないかも知れないと思うと若い頃に眺めていた花々より数倍うつくしく見えるようになった」と、春の訪れと同時に年を重ねる事をも楽しんでいるようでした。

牧山桂子

春先までの期間限定で、正子の初節句から大切にしてきたお雛様を飾っています。
京都の老舗 丸屋大木平蔵人形店製です。

1 6 7 8