2018年の記事一覧

2018年1月19日更新つぼみ

福寿草のつぼみ 武相荘
福寿草のつぼみ。これから2月にかけて、咲いてきます。

椿 大唐子 武相荘
こちらは椿のつぼみ、大唐子。ピンクよりの赤一色の大輪を咲かせる、非常に艶やかな品種です。
正門をくぐってすぐ左手に。

椿 桃色 武相荘
竹やぶの出口、桃色の椿。つぼみが沢山ついて、これからが楽しみです。

晴れ続きの1月、久しぶりに雨の多い今週でした。

梅や椿のシーズン間近です。

2018年1月9日更新開催レポート 武相荘の新年会(2018年お正月)

武相荘の新年会2018
賑やかなお囃子の音色とともに、新しい一年が始まりました。

お神楽 武相荘の新年会2018
昨年一昨年に続き、お神楽を上げてくださったのは町田の「神龍會」のみなさん。
お獅子に頭を噛んでもらって、無病息災と、より良い一年を祈願。
今年も良い年になりますように!

白梅のつぼみ 武相荘
白梅の蕾も膨らんできました。
黄色の蝋梅は一足先に咲いて、良い香りを漂わせています。

2018年2月27日更新〈第6回〉お能への誘いの会「楊貴妃」

このイベントは終了いたしました。ご来場の皆様まことに有難うございました。

その美しさのあまりに皇帝の寵愛を一身に受け
やがて訪れる悲しい運命を免れなかった楊貴妃。
美しくも儚い一生は、楊貴妃の死後間もなく「長恨歌(ちょうごんか)」という詩に刻まれました。
詩人 白楽天のこの詩を通して、平安の人々にも伝わった楊貴妃の存在。
早くも室町時代には、世阿弥の娘婿でもある金春禅竹により、能の中に姿を現すこととなります。

武相荘 能「楊貴妃」のお話
画:狩野山雪筆「長恨歌絵巻」17世紀前半/チェスター・ビーティー・ライブラリー蔵

「お能を知りたい」「体験したい」という方に絶対おすすめ、武相荘の能楽講座。
第6回のテーマは「楊貴妃」です。

講師に能楽師の友枝雄人氏、ナビゲーターに青柳恵介氏をお迎えしての開催です。

友枝雄人氏は、シテ方としての舞台本番を間近に控えてのご登場。お能となった楊貴妃のみどころ、ご本人にとっての楊貴妃について、演者でなければ分からないお話をたっぷり伺いたいと思います。
また今回は「唐」の曲目ならでは特異性——衣装や作詞の特徴についても解説してくださいます。

青柳先生のストーリー解説は、今回は日本を飛び出して唐代の中国へ渡ります。毎回、臨場感たっぷりに語ってくださる先生に連れられて、楊貴妃の生きた時代を覗いてみましょう。

さらに今回は初めての試みとして、友枝雄人氏のご指導のもと、参加者の皆さんで能の「謡(うたい)」に挑戦する時間も予定しています!いつもより更に、体を通して感じるお能体験となりそうです。楽しい機会に是非ふるってご参加ください。

勉強会終了後には講師を囲んでのディナー懇親会も開催いたします(希望者)。お酒が入ってリラックスした講師陣とのお話しも楽しみです。レストランの席に限りがございますので、参加予定の方はお早めにお申し込みください。

〈開催日時・会場〉

  • 2018年4月28日(土) 16:00~開催/武相荘能ヶ谷ラウンジ/定員40名

    ※開催15分前までにショップ窓口にて受付・お支払いをお済ませください。

〈料金・お申し込み〉

4月28日(土) 16:00〜

お能への誘いの会(勉強会)
参加費 3,240円(税込)

4/20 満席のため募集は締切りとなりました。ご参加の皆様どうぞお楽しみに!

〈優待割引〉勉強会にご参加の方は6月16日(土)開催「能の魅力を知る 唐の趣きー楊貴妃ーのチケットを1割引にてご購入いただけます。
お席は下記をご参照の上お好みのカテゴリーをご指定ください。セルリアンタワー能楽堂 座席表

同日勉強会終了後 18:00〜20:00 予定

講師陣を囲んでのディナータイム
参加費 4,320円(税込)

お食事・ドリンク付
(ビール・ワイン赤白・ソフトドリンク)

別途レストランへお申し込みが必要です。

武相荘レストラン直通
TEL.042-708-8633

4月28日お能の会ディナー」とお伝えください。代金は当日レストランにてお支払い下さい。

2018年1月26日更新「武相荘の骨董市」第7回開催

こちらは過去開催の情報です。

4月15日(日)に開催を予定しておりました「春の骨董市」は、天候不順の予報のため
5月27日(日)に延期となりました。何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。

2018年1回目、春の骨董市を4月15日(日) 5月27日(日)に開催致します。

第7回を数える楽しい骨董市、今回も武相荘ならではの出店を準備中です(入場無料)。
和骨董、西洋骨董から、仏教美術まで、さまざなジャンルの骨董屋さんが立ち並びます。
眼で見て触って、ぜひ、あなただけの「ほんもの」を見つけてください。

今回は幅を広げて、タイ雑貨のお店や藍染めのお店も出店予定です。こちらも是非お楽しみに!

武相荘の骨董市2018春(延期お知らせ)

開催日となる4月中旬は、柔らかな新緑の中に、春の花々が美しく咲く季節。
武相荘では、竹林に群生するシャガや、裏山のキンラン、遊歩道のシデコブシ、白ヤマブキなどが見頃を迎えます。
買い物に一息ついたら、邸内のお散歩もオススメですよ。

開催概要

  • 参加無料・予約不要
  • 開催日: 4月15日(日曜) 5月27日(日) 朝10:00より
  • 会場: 武相荘

※「武相荘の倶楽部」メンバーは、開場15分前よりご入場いただけます(同伴者は不可)。会員証をお忘れなく。

第2回(2015年7月19日)の様子
武相荘の骨董市 第2回の様子

第1回(2015年3月15日)の様子
第1回骨董市の様子

2018年1月26日更新武相荘の陶芸教室〈第1教室/全3回〉2018年

こちらは開催済みのイベント情報です。
最新の開催スケジュール・募集情報は武相荘イベントページをご確認ください。

白洲次郎・正子の娘婿、牧山圭男による陶芸教室です。
初心者から楽しめる陶芸教室。全3回で、おひとりずつ小皿2枚と陶印を作ります。
継続してご参加の方はぜひ新しい作品にもチャレンジして下さい。

講師の牧山圭男は正子の影響もあり、1970年代後半に独学で陶芸をはじめ、銀座で作陶展を開くまでになり、武相荘のショップでは作品も販売しています。
次郎や正子との「焼きもの」に関するエピソードなども披露しながら、少人数でわかりやすく、楽しい会にできればと考えております。

牧山圭男
牧山圭男

これまでの教室に参加した方は2,000円引きで参加できます。

武相荘 牧山圭男 第1回陶芸教室の様子
1回目の様子。基本の土コネから始まり、小皿や箸置きを成型しているところです。これを素焼きして、2回目に絵付けと釉薬をかけて、本焼きとなります。

ショップで販売中の圭男作品
yoshio_sakutou

yoshio_sakutou2

開催概要
〈陶芸教室 2018年第1教室 全3回〉

継続参加の皆様へ:沢山作られる方向けに大玉土オプションを設けました。

  • 1回目:3月24日(土) 14時~16時頃
    土をこねて成型する(ロクロではなく、手びねり板作り)+陶芸のイロハの話
  • 2回目:4月7日(土) 14時~16時頃
    素焼きしたものに絵付け・釉薬掛けをする
  • 3回目:4月21日(土) 14時~15時頃
    完成した焼きもののお渡しと茶話会

※全3回で、おひとりずつ小皿2枚と陶印を作ります。
※1回目と2回目の参加は必須とさせていただきます。3回目は、欠席の場合、宅配便(着払い)で完成した焼きものをお送りします。

持ち物・準備

  • 当日は汚れてもよい靴や服でご参加ください。
    エプロン、タオル、筆記用具などもお持ちください。

募集人数

  • 10名~15名

    先着順で人数になり次第、締め切らせていただきます。

    ※お子様だけの参加はできません。大人の方との参加をお願いします。

料金・お申込み

下記のリンク先のフォームよりお申し込みください。

  • ¥10,000税込(全3回分) 小学生以下のお子様 ¥3,000
    〜武相荘ミュージアム入館券1枚付き〜正子の愛した骨董の器なども多数展示中
    ※以前の教室に参加している方は2,000円引きで参加できす。(但し、お子様料金は割引の対象となりません。)
    慣れた方で、大きなものや数を沢山作りたい方は土の追加が必要となります。
    お申込み時に大玉(+2,000円)の利用人数をご記入ください。
    ※武相荘の倶楽部メンバーは別途1,000円引きとなります。

    ※焼きものをつくるための材料や道具などはすべて含まれます。
    ※3回目の茶話会(お茶とお菓子)の代金も含まれます。
    ※3回目不参加の場合も料金は変わりません。

  • 定員に達したため締切となりました。ご参加の皆様どうぞお楽しみに!
    お申込み後、万が一キャンセルされる場合には開催1週間前までに必ずご連絡お願いいたします。