「クラッシックカーを楽しむ会2016」レポート

武相荘の倶楽部イベント「クラッシックカーを楽しむ会」の様子をご紹介いたします。

2016年5月25日(水)武相荘の牧山夫妻と倶楽部メンバーの有志で、埼玉県加須市にあるクラッシックカーの博物館「ワクイ・ミュージアム」を訪れました。

IMGP7044
ワクイ・ミュージアム館長 涌井さん格別の計らい、ロールスロイスでのお出迎え。心躍ります。

IMGP7045
高級車の乗り心地を楽しみながら、ゆっくりとミュージアムへ向かいます。

DSC_0009
お昼前にミュージアムに到着。牧山がメンバーに館長の涌井清春さんをご紹介。涌井さんからごあいさつ、スタッフの皆さんのご紹介がありました。そして丁度お昼となり、まずはランチをいただきました。

DSC_0011
芝生の上でランチ。ゆっくりご馳走になりました。風が心地よかったです。

DSC_0024
特設のキッチンで茹で上げた、打ち立ての信州そば。ビュッフェにはおいなりさんや、新鮮な野菜・果物も。

見学の開始は、涌井さんに誘われて、ミュージアムから。

DSC_0028
涌井清春 氏(写真中央)

クルマを真の意味で愛されている涌井さん、オープン当初から、クルマのミュージアムをやるなら、飾って置くだけでは意味が無い、当時のままに走行可能な状態でこそクルマなんだ。という思いをお持ちで、実際に、もうすぐ100歳を迎えようというクルマも含め、ワクイミュージアムのクルマは全て現役の状態を保たれています。
またクルマを通しての人との縁についても触れられていました。そうした中で、今も将来へ向けての大仕事が進行中とのこと、熱いまなざしが印象的でした。

DSC_0038
こちらは、HERITAGE

DSC_0053
相当の面積の中に、所狭しと名車が並びます。どの車も生き生きしているのが分かります。

ベントレー、ロールス・ロイスといった、先人達の魂が刻まれたクラッシックカー。この宝は、将来にわたり伝えなければならない。そのためにはどうしたら良いのだろう? 涌井さんは、この難題を乗り越えたくて、MUSEUM, HERITAGE, そしてメカニックの皆さんが働くFACTORYという、3つの施設を整えられたそうです。

DSC_0056
こちらは、FACTORY

DSC_0063
レストア中のベントレー、涌井さんが誇りにする、最高の技術を持つスタッフの皆さんの手で、ピカピカの状態を取り戻すことでしょう。

DSC_0069
ミュージアムに佇む「XT7471」(写真中央)白洲次郎が英国で駆っていた車。左側 Old Mother Gun は’28年ル・マン優勝車、右側は吉田茂の所有していたロールス・ロイス、ドアの締まる音がとっても上品でした。

英国では、持ち主が変わっても、車のナンバーは変わらないんだそうです。
涌井さんは、それが良いんだと、しみじみ仰っていました。

今回は休館日にも関わらず、大変温かいおもてなしを頂きました。
涌井さん、スタッフの皆さま、本当に有り難うございました。

またご参加いただきました武相荘の倶楽部メンバーの皆様、
(遠方からご参加いただいた皆様もいらっしゃいました)誠に有り難うございました。

2016年5月25日(水)開催「クラッシックカーを楽しむ会」のレポートは以上です。
武相荘の倶楽部では、今後も皆様と楽しむイベントを開催してまいります。

■ワクイミュージアムのホームページ

WAKUI MUSEUM | ROLLS-ROYCE & BENTLEY Classic Car Museum JAPAN

※武相荘の倶楽部とは
年会費で武相荘へのフリーパス、会員専用ラウンジの利用、武相荘開催イベントの先行告知・優待が受けられるメンバーズ倶楽部です。ご興味の方はこちらをご参照下さい。