“造り手と楽しむ「薩摩焼酎の会」” レポート

2015年11月8日(日)に開催しました「造り手と楽しむ会」第1回。
鹿児島より、芋焼酎で大変有名な大海酒造さんがご登場下さいました。
(共催:酒舗まさるや/武相荘、協力:大海酒造霧島地鶏きばいやんせ

大海酒販の山下社長の音頭で、鹿児島らしく「そいじゃ!」のかけ声で乾杯です。
1杯目に注がれたのは「薔薇の贈りもの」という焼酎。
ブルガリアで専用に育成した薔薇のエッセンスが入っているそうです。
香り方は非常に上品で、一体感があり爽やかでした。
造り手と楽しむ「薩摩焼酎の会」

お食事は、本格的な薩摩料理!
黒豚のジャーキー、特製のたくあん、ししのしゅんかん、
かき揚げに、霧島地鶏、さつますもじ(お寿司)
造り手と楽しむ「薩摩焼酎の会」

地元でなくては、食べられない料理の数々は、
どれも後引く味わいでした。お酒、ついつい進んでしまいますね。

こちら(写真右)は、Kugilla13(前割り焼酎)
温泉水で前割りされた焼酎だそうです。まるみのある芋の香りが、グラスにぴったりでした。
造り手と楽しむ「薩摩焼酎の会」
写真がグラスばかりになってしまいましたが、
お湯割りでほっこり楽しまれている方もいらっしゃいました。

プロジェクターでは、杜氏さんの寝食を忘れた取り組みや、
華やかなパリコレのパーティーに、焼酎を提供された時の様子が放映されました。

山下社長、焼酎の瓶を片手に皆さんとお話されていましたが、
とにかく焼酎を愛し、現在はヨーロッパでの啓蒙活動にも力を入れておられるそうです。
造り手と楽しむ「薩摩焼酎の会」

お開きが近づき、最後の一杯となりました。
山下社長がお持ちなのは、2004年に瓶詰めされたという、とっておきの古酒。
デザートのような甘みで、グラスにまったりと張り付くようなとろみが楽しめました。

今回は鹿児島をはじめ、遠方からも本当に沢山の方々がご参加下さいました。
お酒の席ということもあり、初めてお会いする方々があっという間にうちとけて
歓談されている様子を大変喜ばしく思いました。
皆様どうも有り難うございました。

武相荘では、今後も様々なイベントを企画してまいります。
どうぞご期待ください。